ふんわりルームブラ

ふんわりルームブラのショーツはあるの?

更新日:

ふんわりルームブラで理想的なバストに

理想的な体型
ふんわりルームブラは、「サイズはそれほど小さくないはずなのに、なぜかバストが大きく見えない」と嘆いている女性にも最適です。

実は、理想的な美しいバストというのは、大きさや形だけが重要なのではありません。左右のバランスも欠かせない美的ポイントとなるのです。

バストには最も美しいとされる黄金比率というものがあり、それは——

「2つのバストトップと鎖骨の中心を線で結ぶと、正三角形になる」

というもの。

「大きいはずなのに、なぜかキレイにみえない」という人は、2つのバストトップに距離があったり、下がっていたりして、この正三角形が形成されないことが多いのです。

ふんわりルームブラはホック部分が前側に設けられているため、パワーネットで集めたお肉を逃すことなく寄せ上げることが可能です。昼間のルームブラとして使えば、理想的なバストの形をキープできます。

形を整えるだけでなく、就寝中も美しいラインを保てるので、これ以上バストの形が崩れることがありません。

寝ている時にもホックが外れにくい構造になっていて、しっかりとバストを支えてくれます。

クーパー靭帯について

ハリのある女性
ツンと上向きのバストは女性の永遠の憧れ。ところが若い頃はハリのあったバストも、運動、産後、授乳育児などでいつしか垂れてしまうことになりがちです。

年齢を重ねてもハリを保ったバストを維持しようと思ったら、欠かせないのが「クーパー靭帯」という部位のケアです。

クーパー靭帯はコラーゲンでできていて、乳腺と筋肉・皮膚をつないでいます。

多少の柔軟性はあるのですが、ゴムのように自在に伸び縮みするというわけではありません。

そのために普段の生活で負担がかかると伸びたり、あるいは切れたままになり、バストの重みを支えることができなくなります。バストのハリがなくなるのはこのせいです。

クーパー靭帯が伸びたり切れたりする原因は以下の通りです——

あまりブラをつけない

窮屈、肩が凝る、しめつけ感がイヤ、などの理由でブラをつけない女性がいます。

ただ、ブラなしでいるとバストを支えるものがほかになくなり、それだけクーパー靭帯に負担がかかってしまうのです。

ジョギングなど、バストが揺れる運動をする

ジョギング、激しい運動などでバストが揺れると、クーパー靭帯に大きな負荷がかかってきます。それが続くと伸びるだけでなく、切れてしまうことも多いのです。

また激しい運動ばかりでなく、歩くだけでも伸びる可能性があります。

妊娠や授乳によるバストの変化

妊娠すると一時的にバストは大きくなります。この変化によってクーパー靭帯も伸びてしまうのです。

出産後は授乳時期になり、バストはもとの大きさに戻りますが、伸縮性のないクーパー靭帯はそのままです。これではバストはどうしても垂れることになります。

加齢による肌の衰え

クーパー靭帯はコラーゲンでできていますが、加齢に従って肌のコラーゲンの量はどんどん減っていきます。そのことでクーパー靭帯が衰える上に、潤いを失った皮膚もたるんでくるので、さらにバストが垂れてしまうのです。

これ以外に、寝る時にノーブラということも大きな原因のひとつ。バストが重力のせいでワキの方に伸びてしまい、クーパー靭帯に負担をかけてしまいます。

クーパー靭帯のケアの方法には色々ありますが、ナイトブラをつけることはそのケアの基本となります。ふんわりルームブラで就寝中のバストを保持し、無駄な負担をかけないようにしましょう。

ふんわりルームブラの口コミ評判は?

-ふんわりルームブラ

Copyright© 『本当に効いた!ふんわりルームブラの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.